アイギス記録所

千年戦争アイギスのプレイ備忘録です。微課金データと無課金データについて色々と書いていきます。

当ブログについて

当ブログは個人的にガチャの記録、イベントの雑感、育成のメモのためにつけています。

 

 

キャラクターについてあれこれ書くときも基本的には個人的な見解でしかないので、ご了承を。

 

Aがメインデータ

Bがサブデータ

A:金光聖菩 覚醒

f:id:islaisla:20180615164456p:image

 

 

レアリティブラックの邪仙、金光聖菩を覚醒しました。

 

 

邪仙はブロック0の遠距離魔法攻撃を行う中コスト近接ユニットです。

 

現時点(2018年6月)では金光聖菩専用クラスとなっています。

 

 

射程は200で、特段広いわけではありませんが、ブロッカーの前に置いて先制攻撃と支援攻撃を行うには充分な射程です。

 

 

ステータスは非常に高く、コスト比でのパフォーマンスは優秀そのもの。

魔法耐性もあり、防御やHPも決して低くないので多少の攻撃にはびくともしません。

 

 

更に、金光聖菩の分身トークンを使役可能。

 

コスト6で本体とほぼ同性能と、これまた破格の性能。

徐々にHPが減っていきますが、減少速度はゆっくりなので攻撃をくらわなければ場持ちは十分です。

1体までは出撃枠を取らないので気軽に配置できるのもありがたいですね。

 


f:id:islaisla:20180615164447p:image

 

こちらが覚醒前ステータス。

 

覚醒するとアビリティが強化され、配置トークン1体につき攻撃力が+20%されるようになります。

 

トークンの性能は本体能力依存なのか、トークンを複数配置するとトークンの攻撃力も強化されていきます。

 


f:id:islaisla:20180615164430p:image

 

 

スキルは30秒攻撃力1.5倍で、自身とトークンの射程1.5倍にして、トークン所持数を1回復します。

トークンの射程も伸ばすため、カバー範囲は広く使いやすいスキルです。

トークン所持数も回復するので、トークンを勿体ぶる必要もありません。

 

スキル覚醒は、10秒間攻撃力1.7倍で、射程3.0倍の5体同時攻撃を行い、トークンの所持数を1回復します。

マップのほぼ全体を射程内に収め、高い攻撃力から繰り出される5体同時攻撃はマップ上に敵が存在することを許しません。

 

CTはほぼ変わらないので、効果時間が短くなった分、トークンの所持数回復回数は増えます。

 

 

f:id:islaisla:20180615164439p:image

 

最終ステータスがこちら。

 

ブロックしないこと以外は弱点が一切なく、どこでも使えるユニットです。

覚醒スキルはケラ王子の上位互換と言っても差し支えない性能で、トークンを複数配置していればボスクラスの敵ですら一方的に削り殺すことが可能。

 

ブロックしないのは弱点とも言えますが、敵によっては有用なこともあるので、そこら辺は適材適所。

AB:緊急ミッション【悪霊の迷宮Ⅺ】

f:id:islaisla:20180614122158p:image

 

 

GR型緊急ミッション、悪霊の迷宮Ⅺが開催されました。

 

過去開催時のミッションに挑戦可能で、毎回追加もあるので総ミッション数がすごいことになってますね。

 

GRと違うところは、出撃制限があることとコンプ報酬が育成素材ということ。

 

コンプできなくても次回開催時に挑戦すればいいので、割ってまでコンプを狙う必要がないのは嬉しいです。

 

 

 

f:id:islaisla:20180614122207p:image

 

今回、新たに追加されたミッションがこちら。

 

全体的に特殊クラスの制限が多かったですが、名前が偶数限定は育成状況によっては苦戦を強いられたかと思います。

 

 

今回は悪魔召喚士禁止のミッションで非道くハマり、そこまでプレイできませんでしたが、仮にやったとしたら大変だったかと。

 

 

ただ、金光聖菩が出せるらしいので実はヌルゲーだったかもしれません。

 

 

サブの方も育成が進んできてカリスマ90の☆3も安定して取れるようになってきたので、次回も順当に攻略していきたいと思います。

 

 

 

A:用兵家ジェローム 覚醒

f:id:islaisla:20180612024416p:image

 

 

レアリティプラチナのソルジャー、用兵家ジェロームを覚醒しました。

 

 

ソルジャーは2ブロック(CC後3ブロック)の近接ユニットです。

 

基本中の基本ユニットであり、そこそこのHP、そこそこの攻撃力と攻撃速度、そこそこの防御力を持ちます。

 

ゴブリン程度なら難なく処理が可能で、育ったソルジャーならオーガくらいなら抱えることが可能です。

 

 

ソルジャーは援軍要請というコストを増やすことができるスキルを持つことが多く、初手拠点前ソルジャーで、コストを増やしつつ拠点防衛をするのが基本戦術の一つになります。

 

 

決して戦闘力は高くはないので、役割としては最序盤の拠点防衛とコスト増加で、戦闘は増やしたコストで出したアーマーや遠距離ユニットに任せましょう。

 

 

ここからはジェロームの話。


f:id:islaisla:20180612024406p:image

 

まずは覚醒前ステータス。

 

ジェロームは唯一無二のアビリティを持ち、なんと初期コスト+2の効果。

 

ミッションによっては最序盤の配置が遅れると敵が抜けてしまうようなこともあるため、コスト+2というのは侮れません。

 


f:id:islaisla:20180612024426p:image

 

スキルは援軍要請Ⅲでコストを+15します。

 

スキル覚醒するとWTCTは変わらず、オートで援軍要請Ⅲが発動するように。

 

性能は全く変わりませんが、他の部分の操作に集中することが出来ますし、スキルの発動タイムラグが無くなり、実質的なWTCTの短縮とも言えます。

 

オーブと資金があるなら覚醒するべきスキルです。

 

 

 

ジェロームはステータスも平均的でアビリティもコストを増やすものと、ソルジャーとしての仕事を最も忠実にこなします。

 

召喚ユニットなので入手難易度は高いですが、上位レアリティのアルティアを持っていなければ、絆のセリアを使って下限にする価値が非常に高いユニットだと思います。

B:見習い召喚士リノ 第二覚醒【幻想召喚士】

f:id:islaisla:20180609090617p:image

 

 

レアリティゴールドのサモナー、見習い召喚士リノを第二覚醒しました。

 

リノの第二覚醒先は幻想召喚士です。

 

 

幻想召喚士は攻撃力微上昇、射程+60されます。

加えて、ケットシーという近接トークンを1体だけ所持します。

 

 

ステータスはほぼ変わりませんが、射程+60の恩恵は大きすぎます。

 

特にリノの場合は永続スキルを持ちますので、一度スキルが発動してしまえば麻痺で中断されない限り、射程300の広範囲高火力魔法攻撃をばら撒き続けます。

 

トークンのケットシーはステータスこそ低いものの、90%回避という驚異の回避率を持つため物理攻撃には滅法強いですが、自壊ダメージがあるため、長時間は場持ちしません。

 

おまけ程度に考えておくのがいいと思います。

 


f:id:islaisla:20180609090607p:image

 

こちらが第二覚醒前ステータス。

少し経験値がオーバーしていたので、第二覚醒した時点で81になっています。

 


f:id:islaisla:20180609090626p:image

 

こちらがリノの最終ステータス。

王子込みで1300程度の長射程範囲魔法攻撃を行う化け物ユニットに。

 

伊達にアイギス最強の称号である見習いの持ち主ではありません。

 

AB:緊急ミッション【凶鳥の射手(後半)】

f:id:islaisla:20180607030906p:image

 

 

試練型緊急ミッション、凶鳥の射手の後半が開催されました。

 

 

好感度ボーナスがHPと防御とか明後日の方向でなければ、間違いなく強ユニットですね。

 

覚醒スキルも覚醒アビリティもクラスと噛み合い過ぎてます。

 

来週からビフロンス復刻なので、すぐに活躍の場が用意されているお膳立てっぷり。


f:id:islaisla:20180607030925p:image

 

 

今回もメインサブ共に無事に☆27を達成。

 


f:id:islaisla:20180607030857p:image

 

後半のミッションは前半に比べて難易度が控えめでした。

前半は金光聖菩が強過ぎただけかもしれませんが。

 

 

とは言えやはり試練型ということで少し苦戦を強いられました。

 

特に凶鳥の影の範囲防御デバフ効果が高く、たかを括っていたら☆を落としていました。

 

耐久も高く、対飛行ユニットが揃っていないと辛かったかと思います。

 

 

オアシスに迫る戦象は、定石通りにやればそこまで難しいミッションではありませんでした。

 

 

 

今回のイベントは仲間加入的な意味でも金光聖菩に話題をかっさらわれた気がしますね。

A:剣士レイブン 第二覚醒【デッドリーエッジ】

f:id:islaisla:20180604130705p:image

 

 

レアリティプラチナのソードマスター、剣士レイブンを第二覚醒しました。

 

レイブンの第二覚醒はデッドリーエッジになります。

 


f:id:islaisla:20180604130716p:image

 

こちらが第二覚醒前ステータス。

 

第二覚醒するとHPと攻撃力が極微増します。正直誤差レベルの上昇です。

 

しかし、新たにスキル再使用までの時間40%短縮とスキル中の攻撃力1.2倍の特性を得ます。

 

元々強力なソードマスターの必殺剣を更に強化するのがデッドリーエッジです。

 

 

レイブンは即死をばら撒くのが特徴でしたが、それを18秒に1回使えるようになると、オークやデーモンが大量に出て来るステージなんかはレイブンのためにあると言っても過言じゃないですねり

 

 


f:id:islaisla:20180604130654p:image

 

こちらがカンストステータス。

 

 

ソードマスターはコストが少し高めですが、タイマン性能は決して悪くないです。

レイブンの場合は覚醒アビリティで即死を持っているので、非スキル中でも結構な確率で即死を発動させ、相性のいい敵に対してはとことん強力。

 

射程が300で9体巻き込むとなると少し心もとない範囲なので、スキル覚醒の6体で十分だと思います。

 

第二覚醒でスキル火力が更に上がったことにより、18秒ごとに3000以上の二連撃を叩き込むことができるので、即死が効かない敵に対しても十分すぎるダメージソースになるでしょう。