読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイギス記録所

千年戦争アイギスのプレイ備忘録です。微課金データと無課金データについて色々と書いていきます。

A:星天の魔導鎧シルセス 覚醒

f:id:islaisla:20170408172432p:plain



先日手に入れた黒メイジアーマーである星天の魔導鎧シルセスを覚醒しました。


こちらが覚醒前

f:id:islaisla:20170408172917p:plain




黒ユニットはやはり覚醒による能力低下幅が大きいのでリハビリまでが少し長いですね。



さて、恒例の行きたいと思います。



メイジアーマーは基本はコストの高くなったヘビーアーマーです。

ただし、本職ブロッカーのヘビーアーマより純粋なHPや防御力は多少劣ります。

しかし、その代わりに魔法耐性があるので魔法への避雷針としても運用できるため汎用性が高いユニットになります。



基本運用はヘビーアーマーと同じで、強敵へのタンク役、ラッシュ時に敵を抱えてメイジで焼く…等になります。



ヘビーアーマーはそこまでの仕事になりますが、メイジアーマーは特性としてスキル中は中距離の魔法範囲攻撃に変化します。



それによって、運用幅が大幅に拡大します。



ゴブリンのラッシュ程度であれば、合わせてスキルを発動すれば一人で抱えて焼ける


隣のマスで1ブロユニットを強敵に差し込んだ際に後方から援護砲撃。


近接通路への援護。



ヘビーアーマーに出来ないことができる分、コストが高いのも納得です。




ここからは、シルセスの話。


シルセスはアビリティとして妖怪とデーモンに特効を持っています。

元々メイジアーマーは攻撃に主を置いたユニットではないので、特効を活かす機会が少ない…と考えてしまいそうですが、シルセスのみは別です。


注目すべきはスキル。


エターナルブレイクは自動発動永続スキルで、射程1.3倍、敵の魔法耐性20ダウンの効果があります。



こうなるともう近接枠に置けるメイジです。


メイジアーマーの強みは本人が一時的に範囲魔法攻撃を行える点にあったわけで、それが永続になって弱いはずがありません。


魔法耐性ダウンの効果も付くため、今まで魔法で処理しづらかったデーモン系も特効も合わせ抱えてそのまま処理することが可能に。



何よりメイジと違って物理耐久、魔法耐久共に高水準であるため、出してしまえば最後まで居座ることが可能に。



大討伐でも大活躍間違いなしの性能ですね。



ちなみに今まで一線で使っていた初心者、無課金の味方である金ユニのライチとの比較画像も用意しました。




カンストライチ


f:id:islaisla:20170408175523p:plain




同レベルのシルセス


f:id:islaisla:20170408175609p:plain




防御力がライチの方が高いのは好感度ボーナスが防御だからですね。


シルセスはHPと攻撃力です。



HPは圧倒的にシルセスのが上ですし、魔法耐性も5高いので、総耐久力は比べるまでもありません。



防御力も決して低いわけではないので、ボス級を複数抱えでもしなければ影響はありませんし、雑魚のラッシュだったらどうせ下限です。

そもそも、雑魚は近づく前に焼け死にます。


高攻撃力の妖怪に対しては特効があるので、やられる前にやることが可能なので、上位互換と言うのもおこがましい性能差ですね。



コストこそ重いですが、ギリギリのコストでメイジアーマーの配置をするようなことはまず無いことだと思いますので、誤差ですね。






余談になりますが、現行イベントが妖怪だらけなのでシルセス一人で拠点を守れる場合も多いです。